所属演奏家・ユニット

フルート 安藝 美雪 Miyuki Aki

武蔵野音楽大学卒業

万里の頂上杯国際音楽コンクール第3位入賞等

群馬県立高崎女子高校卒業。
武蔵野音楽大学在学中、同大学管弦楽団及び室内管弦楽団に選出、ドイツ演奏旅行等に参加。
アジアフルートコングレスに出演。A.アドリアン、H.シュマイザー、K-H.シュッツ、M.ラリュー各氏のクラスを受講。
アルバ音楽祭(イタリア)に出演、M.ラリュー氏、G.ノヴァ氏のレコーディングに参加。

これまでに田島裕子、甲斐道雄、寺本義明、高木絢子、佐野悦郎の各氏に師事。
現在は演奏活動の他、指導、ジュニアコンクール審査も行う。

ピアノ 作山 結佳 Yuika Sakuyama

img_sakuyama_l茨城県出身。桐朋学園附属子供ための音楽教室、 桐朋女子高校音楽科を経て、桐朋学園大学卒業。
2011年2月ウィーン国立音楽大学マスタークラスにてディプロマを取得。
2011年8月第14回長江杯国際音楽コンクール大学の部第1位。入賞者演奏会出演。
クラシックを得意とし、優しい音色で心が穏やかな気持ちになる演奏を提供いたします。 これまでに、堀陽子、江戸京子、アレキサンダー・ロスラー、ミハイル・ヴォスクレセンスキー、雨田のぶ子各氏に師事。

ヴァイオリン 窪田真由子 Mayuko Kubota


1993年東京都生まれ。2歳半よりヴァイオリン、5歳よりピアノを始める。
学習院女子中等科、高等科、学習院大学文学部卒業。
2010年せたがやジュニアオーケストラにてコンサートミストレスを務める。
2013年、NHK放送技術研究所主催「NHKふれあいコンサート2013」にて、ゲストソリストとしてNHKフレンドシップ管弦楽団とモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第5番1楽章を共演。学習院大学管弦楽団にてコンサートミストレスを務める。
日本オーストリア文化交流会主催「我が夢の街の夜会2015」にて、弦楽五重奏のメンバーとして演奏。Orchestra MOTIFメンバーとして、定期公演に出演する他、「第1回エル・システマ子ども音楽祭 in 相馬」に出演。
2017年3月、マリーンシャトル「船上のバイオリンとピアノデュオ」に出演。同年5月、赤坂にて「窪田真佑子リサイタル」を開催。GINZA MATSUYA開店記念祭にて演奏。同年8月、フランス・ティニュでのムジークアルプアカデミーにてC.Poiget氏、S.Picard氏に師事。
現在、アンサンブルやソロ、オーケストラを中心に、幅広いジャンルでの演奏活動をおこなっている。これまでに、荒井友美、荻野照子、奥田雅代に師事。現在、徳永二男に師事。

ヴァイオリン 杉山 瑠璃 Ruri Sugiyama

埼玉県出身。桐朋女子高等学校を経て、桐朋学園音楽大学音楽学部演奏科卒業。
2002年から2005年、クールシュベル、ヴィアリッツ(フランス)の国際音楽祭においてマスタークラス修了。
2007年から2008年、霧島国際音楽祭において、ゲルハルト・ボッセ、松原勝也、若林顕の各氏に師事し、マスタークラス修了。ロビーコンサートに出演。
在学中、桐朋学園大学入学時に結成された「ストロフィナーレ」のメンバーとして演奏会に多数出演。
また、東京国際フォーラムの主催する「ラ・フォル・ジュルネ」に出演する。第215回青葉の街・土曜コンサートに出演、テレビ放映される。
第37回TIAA日本クラシックコンサートにおいて、奨励賞受賞。これまでにヴァイオリンを武田ゆり、吉澤かおる、Trancy Janis Tu、Lothar STRAUSS、辰巳明子の各氏に、室内楽を藤井一興、田中雅弘、田中麗子の各氏に師事。
卒業後、ソロリサイタル、トリオコンサートなど8度開催。現在、ソロや室内楽、オーケストラの演奏活動と共に後進の指導にもあたっている。

ソプラノ 茂木 真由美 Mayumi Mogi

武蔵野音楽大学音楽学部声楽学科卒業。
同大学院音楽研究科声楽専攻修了。
二期会オペラ研修所マスタークラス57期修了。
第79回読売新聞社主催新人演奏会、日墺文化協会主催フレッシュコンサートに出演、奨励賞。本学オペラコース試演会≪ドン・ジョヴァンニ≫ドンナ・アンナ役で出演。
文化庁委託新進芸術家育成事業《友人フリッツ》に出演。母校オーケストラ部30周年記念演奏会にて第九ソリストを務めた。 F.P. トスティ歌曲オーディション合格者によるマスタークラス受講、ディプロマ取得。 BS-TBS 日本名曲アルバムにて J-スコラーズとして出演。第4回ウィーンオペレッタコンクール第3位 (最高位) 他多数受賞。
東京音楽院、Jill Music Scholl講師。
また、地域の合唱団の演奏会にゲスト出演、介護老人施設にてコンサートに出演、小学校、中学校に合唱指導なども積極的に行っている。このように音楽活動の幅を広げている。

ピアノ 吉田 絢香 Ayaka Yoshida

6歳よりピアノを始める。
埼玉県立芸術総合高等学校音楽科卒業、卒業演奏会に出演。
桐朋学園大学音楽学部ピアノ専攻卒業。
ヌーベルバーグ2011にて、草川幸雄氏、東京国際芸術協会管弦楽団と協演。
ニース夏季国際音楽アカデミー、ウィーン夏期国際ゼミナールにて、ディプロム取得、選抜コンサートに出演。
2016年ピアノデュオリサイタルを開催。
これまでに草間恵子、斉藤美紀、丸子あかね、中井恒仁、有森直樹の各氏に師事。
現在、後進に指導にあたる傍ら、ブライダル奏者、アンサンブル、伴奏を中心に演奏活動をしている。
全日本ピアノ指導協会PTNA指導者会員。

ヴァイオリン 岩﨑 彩乃 Ayano Iwasaki

img_ayano_l桐朋女子高等学校音楽科卒業。桐朋学園大学音楽学部卒業。
第14回みえ音楽コンクール弦楽部門大学生以上一般の部、第1位及び三重県知事賞(最優秀)受賞。
第14・19回日本クラシック音楽コンクール全国大会 入選。
第10回大阪国際音楽コンクール、エスポアール賞受賞。
第3回横浜国際音楽コンクール 入選。
第5回ブルクハルト国際音楽コンクール 審査員特別賞 受賞。
第79回・86回桐朋学園室内楽演奏会出演。
静岡市役所にて「明日のマエストロ」に出演。
第2回蓼科クロイツェル音楽祭、第12・13回別府アルゲリッチ音楽祭、ラフォルジュルネ出演。
現在、後進指導の傍ら、古典から現代までの様々な演奏会、ライブに出演中。桐朋学園芸術短期大学嘱託演奏員。
富山室内楽講座にて、東京クァルテットらに師事。ヴァイオリンを野口千代光、徳永二男氏に師事。

ヴァイオリン 駒﨑 りら Rira Komazaki

img_komazaki_l

2歳半より才能教育でヴァイオリンを始める。
東京音楽大学付属高等学校卒業。
東京音楽大学器楽科バイオリン専攻卒業。
在学中より国際音楽祭に参加。パオロ・フランチェスキーニ、ティボールコヴァーチ、フェデリコ・アゴスティーニ、ルイス・カプラン氏のマスタークラス受講。弦室内楽アンサンブルメンバーとして、トッパンホールでの演奏会に出演。

現在、音楽教室・ジュニアオーケストラでの指導の傍ら、ソロ・室内楽・オーケストラの各分野でヴァイオリンとヴィオラで演奏活動をしている。全日本ピアノ指導者協会主催「学校クラスコンサート」に出演。
これまでにヴァイオリンを二村英之、鷲見康郎、篠崎功子、ヴィオラを百武由紀、室内楽を河合訓子、中村静香の各氏に師事。

ヴァイオリン 松浦瑠奈 松浦瑠奈

ヴァイオリン松浦瑠奈

国際音楽コンクール受賞、 海外オーケストラとの共演(ソリスト)など国際的に活躍のヴァイオリニスト

松浦瑠奈

【Profile】

3歳より桐朋学園子どものための音楽教室でヴァイオリンを始める。7歳より3年間、父の仕事でバーレーンに滞在。その間にGulf International Music Competitionに出場し史上最年少ファイナリスト(特別賞)を受賞する。
帰国後、日本クラシック音楽コンクール全国大会入選、第4回仙台国際音楽コンクール公式事業オーディションに合格し山下一史指揮のもとチェンバーオーケストラと協演、第15回大阪国際音楽コンクールソリストオーディション部門第3位受賞など多数のコンクールにて成績を残す。
これまでにヴァイオリンを吉井雅子、ジェラール・プーレの各氏に、室内楽を菅野博文、瀬川光子の各氏に師事する。
また、2013年には仙台国際音楽コンクール特別事業オーディションにて推薦されピエール・アモイヤル氏のマスタークラスを受講する。

常盤木学園高等学校音楽科卒業(特待生)。
昭和音楽大学に給費生として入学し、同大学演奏家コースを卒業。
在学中は学内外で開催されるコンサートへの出演をはじめ、オーケストラではコンサートミストレスやソリストを務める。
卒業時には学内の成績上位者による卒業演奏会に推薦され出演する。

現在、全国各地での演奏活動、アーティストのサポートやPV出演(いきものがかり,BoA等)、劇伴、オーケストラや室内楽などジャンルを問わず国内外で幅広く活動する。
また、ソリストとして招待され、これまでにブルガリア国立ソフィア・フィルハーモニー管弦楽団、Grand Gala Orchestra OSAKA、杜の都合奏団と協演する。
聖徳大学音楽学部演奏支援員。

【代表実績】

●ガルフ国際音楽コンクール史上最年少特別賞

●大阪国際音楽コンクール第3位受賞

●仙台国際音楽コンクール公式オーディション合格により山下一史指揮のチェンバーオーケストラと協演

●マレーシアフィルへの客演多数

 

 

ヴァイオリン 巖埼 友美 Tomomi Iwasaki

img_iwasaki_l

1986年、埼玉県生まれ。
東京音楽大学付属高等学校を卒業後、スイスのカヤレイヴァイオリンアカデミーを経て、ロンドンの英国王立音楽大学で学ぶ。
2011年、distinctionのディプロマを取得して同大学卒業、日本に帰国。

これまでボードウィン夏期国際音楽祭、ケシェット・エイロン音楽祭等に奨学金を得て参加。
2012年夏、アジアユースオーケストラのメンバーとして香港、台湾、中国、日本でのツアー演奏に参加。

2012~2013年、帯広市とかちプラザを拠点として演奏活動ならびに青少年のアンサンブル指導に従事。

また、とかちプラザ・レインボーホールのコンサートシリーズ「1/fゆらぎ」特別編としてソナタ・リサイタルを行う。

ザルツブルグ=モーツァルト国際室内楽コンクール2013にて第3位受賞。

現在は首都圏を中心に、室内楽やオーケストラでの演奏に力を入れているほか、後進の指導も意欲的に行っている。
これまでにヴァイオリンを本多りべか、佐藤良彦、久保田巧、ハビブ・カヤレイ、アニ・シュナルヒ各氏に、室内楽をマーク・メッセンジャー、レヴォン・チリンギリアン(チリンギリアン弦楽四重奏団)各氏に師事。

ヴァイオリン 高木 早紀 Saki Takagi

img_takagi_l2歳からピアノ、4歳からヴァイオリンを始める。
国立音楽大学付属高等学校音楽科を経て、東京音楽大学音楽学部卒業。同大学院修士課程修了。
在学中、オーディション合格者による演奏会に出演。また、同大学短期留学奨学生として英国王立音楽院で学ぶ。Richard Deakin氏に師事。
第6回横浜国際音楽コンクール第二位(第一位なし)。第22回日本クラシック音楽コンクール全国大会第五位(第一位~第三位なし)。 ヴァイオリンを保井頌子、大谷康子、海野義雄の各氏に、室内楽を横山俊朗、浦川宣也の各氏に師事。
2011年1月、2013年4月、福島市に於いてソロリサイタルを行う。
現在、都内を中心に演奏活動をする傍ら、後進の指導にも力を入れている。日本演奏連盟会員。

ヴァイオリン 下西 奏 Kanade Shimonishi

バイオリン下西奏

アメリカ在住時、4歳でヴァイオリンを始める。
小学3年生から高校3年生まで南日本放送ユースオーケストラに入団。
全国のジュニアオーケストラから選抜されたメンバーによる「トヨタ青少年オーケストラキャンプ2005」にて西本智実氏の指揮で演奏。
東京芸術大学 音楽学部 音楽環境創造科 卒業。平成21年度東京芸術大学奨学金「武藤舞奨学金」受賞を受賞。
東京芸術大学大学院 音楽研究科 音楽文化学 修了。「東京芸術大学大学院アカンサス音楽賞」を受賞。
これまでにヴァイオリンを川畠正雄氏、澤和樹氏に師事。

鹿児島県出身。
芸術を身近に体験できるアメリカでヴァイオリンやバレエを始めた経験から、「より多くの人に生で音楽を聴いてもらいたい」と思い、日本でも多くの人に気軽にクラシック音楽を聴いてもらう演奏活動や場作りを始める。大学時代は、芸術教育にも携わり、小学校に音楽家が出張演奏を行うアウトリーチや、ワークショップ等も企画。
より多くの人にヴァイオリンの生演奏を聴いてもらうために、シェラトンホテル等でのパーティーや、結婚式、披露宴、イベント、演奏会など幅広い場所でヴァイオリンを演奏。音楽による街の活性化を目的とした「荻窪音楽祭2015」「荻窪音楽祭2016」で演奏するなど、地域密着型のコンサートにも意欲的に参加。

ヴァイオリン 河村 奈央子 Naoko Kawamura

 

河村奈央子北海道北広島市出身。東京大学農学部、同大学院修士課程卒業。
5歳よりヴァイオリンを始め、大学在学中にオーケストラにて研鑽を積む。
大学院卒業後、長野県のクラフトビールメーカーに就職するが、その傍ら2016年より県内を中心に演奏活動を広げ、音楽の道に転向。
現在フリーランスとして関東を中心に活動し、クラシックからポップス、ジャズ、タンゴ、アイリッシュまで幅広いジャンルに取り組む。
これまでに、土方恭之、田中知子両氏に師事。

ヴァイオリン 羽子岡 智美 Tomomi Haneoka

img_haneoka_l5歳よりヴァイオリンを始める。
桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部卒業。研究科在籍。
日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。全日本ジュニアクラシック音楽コンクール第3位(最高位)ブルクハルト国際音楽コンクール第5位。入賞者披露演奏会に出演。日暮里サニーホールにてソロリサイタルを開催。
オケ、室内楽、ソロなどで活動を行っている。
トリトンアーツ室内楽アウトリーチのメンバー。
マスタークラスにおいて、イヴリーギトリス、ウェルナーヒンク、マルクスヴォルフの各氏に師事。
室内楽を毛利伯郎、藤原浜雄、徳永二男、北本秀樹の各氏に師事。
これまでにヴァイオリンを曽根マリ、木野雅之、久保田巧の各氏に師事。

ヴァイオリン 小宮 園花 Sonoka Komiya

img_komiya_l都立芸術高等学校(現·都立総合芸術高等学校)を経て、東京音楽大学卒業。
2011年日墺文化協会フレッシュコンサート出演。2012年、2013年学内オーディション通過者によるソロ·室内楽定期演奏会出演。2013年日本財団主催ランチタイムコンサート出演。2014年大阪国際音楽コンクール弦楽器部門エスポアール賞受賞。2015年3月ソロリサイタル開催。
その他大学の推薦により多数の演奏会に出演、また在学中より新作初演等にも取り組む。
吉田真紀、保井頌子、山崎貴子、木野雅之の各氏に師事。
現在テアトロ·ジーリオ·ショウワ·オーケストラに所属。昭和音楽大学合奏研究員。

ヴァイオリン 高橋 真珠 Matama Takahashi

img_matama_l東京に生まれ、3歳よりヴァイオリン、6歳よりピアノを始める。
1996年桐朋女子高等学校音楽科卒業後、同大学diplomaコースを経て米国に渡り、Aspen Music Festival参加中に開催されたStarling Fellowshipコンクールで最優秀賞受賞。
2001年University of Cincinnatiを名誉賞を受けて卒業。
1999年には、AccademiChigiana(イタリア)にて名誉Diplomaを受賞、およびサラチーニホールにて記念コンサートに出演。スイス、TiboeVarga Festivalにてソリストとしてシベリウス協奏曲を演奏する。
2003年には修士課程修了。同年にはSchadt Stringコンクールにてdiplomaおよび聴衆賞を受賞。コンサートミストレスとしても活躍。
2004年ClecelanChamber Symphony(20-21世紀作品中心のアンサンブル)のアシスタントコンサートマスターに就任するほか、多数の初演や録音にて好評を博す。これまでに(敬略)篠崎巧子mPalu Kantor、David Updegraff、Franco Gulli、Piotr Milewski、Dorothy DeLayの各氏に師事。
2005年秋より兵庫県立芸術文化センター・還元楽団員をつとめるほか、日本演奏連盟会員。
2008年7月より香港シンフォニエッタ所属となる。、国内外でソロや室内楽の演奏が集うも積極的に取り組んでいる。

ヴァイオリン 千葉 裕之 Hiroyuki Chiba

img_chiba_l熊本県出身。IBM勤務を経てジェラール・プーレ氏の弟子となり、昭和音楽大学大学院修士課程修了。
第30回熊日学生音楽コンクール最優秀及び熊本県知事賞受賞。第81回読売新人演奏会出演。
2012年、英国で開催されたワールド・シェイクスピア・フェスティバルにて、舞台「シンベリン」(主演:阿部寛、大竹しのぶ 演出:蜷川幸雄)劇中のヴァイオリンを演奏。ロンドン/バービカンホール他、国内外主要都市42公演に参加。また在学中よりLe Velvets専属ストリングス、テアトロ・ジーリオ・ショウワ管弦楽団などでコンサートマスターを務める。2015年4月〜2016年5月オーケストラジャパン創設メンバー第1ヴァイオリン奏者として、Disney on Classic全国ツアー約80公演に参加。2016年東京にてリサイタルを開催。

ヴァイオリン 永田 安紗美 Asami Nagata

埼玉県出身。3歳よりヴァイオリンを始める。埼玉県立大宮光陵高校音楽科を経て東京音楽大学卒業。これまでに故 浅井万水美、丹羽道子、野口千代光、大谷康子、嶋田慶子、海野義雄の各氏に師事。
室内楽を大野かおる、木野雅之、苅田雅治の各氏に師事。
2013年6月にピアノ、ヴァイオリン、チェロのトリオ「bourjuin(ブルジュアン)」を結成。12月に1st LIVEを行い、勢力的に演奏活動を行っている。
2014年9月弦楽四重奏でリサイタルを行う。
2013,2014年函館音楽祭記念オーケストラ参加。函館五稜郭タワー50周年記念コンサート出演。
オペラ歌手中島啓江1周忌・2周忌追悼コンサートにオーケストラメンバーとして出演。
これまでに、いきものがかり、PENICILLIN、安田祥子、松井優子、乃木坂46等のライブサポートやPV、CMに出演。
Sarah Brightman ジャパンツアー2016にオーケストラメンバーとして全国各地で演奏。
室内楽、オーケストラ、ブライダル、イベント出演等クラシックをはじめポップスなど様々なジャンルで活動している。また後進の指導にもあたっている。

ヴァイオリン 和光 憂人 Yuto Wako

img_wako_l長野県出身。小諸高校音楽科卒業。在学中に長野県新人演奏会への出演や、長野県選抜オーケストラでコンサートマスターを務める。給費生として昭和音楽大学卒業。
万里の長城杯国際音楽コンクール第一位、併せて中国駐大阪領事賞受賞。FUGA国際音楽コンクール金賞受賞。長江杯国際音楽コンクール第二位。日本クラシック音楽コンクール多数入賞。
2011年5月には東京国際芸術協会より支援を受け、リサイタルを開催。
また、フジテレビ「さんまのまんま」や、テレビ朝日「ロンドンハーツ」等テレビ番組に多数出演。
これまでにヴァイオリンを坂本七美、永峰高志、北原よし子、小林美恵の各氏に師事。
室内楽を菅野博文、早稲田桜子に師事。
ジェラール・プーレ、アントニオ・アンセルミ、アルブレヒト・ブロイニンガー等のマスタークラスを受講。

ヴァイオリン 恒岡 真奈 Masana Tsuneoka

img_tsuneoka_l東京音楽大学付属高等学校を経て、東京音楽大学を卒業。
在学中、東京音楽大学シンフォニーオーケストラのヨーロッパ演奏に参加。また在学中三年間ミュージックセミナーinトマムに参加。全日本演奏家協会ベストプレイヤーズコンクール入賞。
これまでに、山岡みどり、山岡耕筰、藤原浜雄、荒井英治の各氏に師事。室内楽を河合訓子、百武由紀の各氏に師事。
現在は後進の指導のほか、教会や学校への訪問演奏、室内楽やオーケストラで活動している。