お知らせ

【公開新春コンサート事例】 銀座有名コスメブランドファンケル銀座スクエア様にて新春演奏『笙』の音色をお楽しみいただきました

Pocket

  • FANCL銀座スクエア様にて今年最初の本番は「笙」のソロ演奏でした!
    幸福をもたらすといわれている笙の音色

笙の音色は新春に福を招くと言われているそうです
銀座の中心部の野外エントランス、10Fロイヤルルームにて 新年にぴったりの 古典演奏を大勢のお客様にお聞きいただきました✨

新春コンサートで着物を着た女性

 

 

奏者 大塚惇平 Profile
ヴォイスパフォーマンスの活動を通して笙の響きの世界と出会う。早稲田大学第一文学部卒業。音楽文化論を小沼純一氏に師事。田島和枝氏に笙の手ほどきを受ける。その後、東京藝術大学音楽学部邦楽科雅楽専攻卒業。笙、琵琶、右舞、歌物を専攻。現在、笙、右舞、歌物を豊英秋氏(元宮内庁式部職楽部首席楽長)に師事。雅楽古典の演奏・研究をベースにしつつ、現代音楽や即興演奏、他ジャンルとの交流を積極的に行う。
近年では、日中韓芸術祭(2015)、信濃の国 原始感覚美術祭(2014 2016)、目白庭園 秋の庭園ライトアップ「大塚惇平 雅楽コンサート」(2016)、MLT TRIO (Michel Doneda, Le Quan Ninh, Tetsu Saitoh) Japan Tour July(2017)、阿佐ヶ谷神明宮「めぐり逢う音とひかり」雅楽×インド音楽(2017)、 さぬき映画祭「SETOUCHI THE MOVIE」笙×オーケストラ(2018)、JAZZ AUDITORIA 2018 コンペティションにてユニット「笙筝声」にて優勝(2018) 、ユーラシアンオペラ 東京(2018) 他、各地のコンサートホール、アートスペースでの演奏、屋久島 益救神社、丹生都比売神社、深大寺等の寺社にての奏楽奉仕等、精力的に演奏活動を行っている。

 

 

笙のお正月演奏

 

その後はお客様との写真撮影や 実際に笙を 間近でご覧いただき楽器説明など交流の時間も持ち、 お集まりいただきましてお客様のたくさんのお声や笑顔に 触れることができました

 

着物姿の男性笙奏者

 

ファンケル銀座スクエア様での 二日間にわたる笙の演奏をお聴きいただきました大勢の皆様ありがとうございました!

 

金屏風の前で笙の演奏

 

【会場】 銀座のコスメブランド様
【シチュエーション】 新春イベント
【コンセプト】    お正月にご来店頂いたお客様へのおもてなし、集客
【演奏ジャンル】   古典
【演奏編成】        笙ソロ
【音響】       生音

新春コンサートで着物を着た女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です